アラフォー女の米国株デビュー

米国株デビューしたアラフォーです。ワーママやってます。

カブトムシの飼育

今日は育児について。

私自身は姉妹育ちだったので、あまり虫を触るきっかけってなかったのですが、

我が家には男の子がおり、カブトムシをかっております。

 

カブトムシ飼育の歴史をたどってみると

2019.7 近所のお子様にオス1匹もらう

同じ頃 別の近所のお友達にメス匹もらう

その晩 子供たちと交尾を目の当たりにする・・・

 

その後、順当に3匹は死んでしまい、

残されたのはカブトムシの卵8こ!!!

 

これはどうすればよいものかと図鑑をよんだり、

いろいろなページを読み、今日まで育ててきましたよ・・・。

 

幼虫になった時には何度かマットを変え(触りたくないけど・・・)

虫かごを増やし、

さなぎになった時には涙を流し(冗談だけど、感動)

成虫がでてきたときには、なんとも言えない感情が!!

 

f:id:threechildren:20200714092632j:image

 

8匹のたまごが、すべて成虫になり、

オス6匹、メス2匹となりました。

 

ご近所さんやお友達にカブトムシをひきとっていただき、

現在はオス4匹、メス1匹を飼育中です。

1匹につきゼリーを1個、毎日食べるわけなので、

大量のゼリーを購入しました。

 

決してブリーダーを目指しているわけではないので、

1ペアだけを残して、他はどなたかにプレゼントしたいくらい・・。

 

子供たちは毎日観察するわけではなく、

私がゼリーをかえたり、ちょっと楽しそうなときにだけ見に来ます。

そして触るのは、私。

虫、苦手なんですけどね。

っていうか、いまだにメスはどこをもっていいかわからない・・・。

 

今年も卵をうむまで育てるのでしょうか・・・。

そんなに大変ではないんだけど、決してブリーダーになりたいんじゃないんだよな・・・。

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村